忍者ブログ
1950年代の欧州風架空世界を舞台にしたファンタジー小説です。 ちょいレトロ風味の魔法譚。
[45]  [47]  [50]  [51]  [53]  [54]  [56]  [55]  [57]  [58]  [59
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(どういうことだろう……)
 再び風に飛ばされながら、ステファンはさっきオスカーが言った言葉を思い出していた。
(ぼくが赤ん坊って? それに戦争って? 大きな戦争なら、もう七年も前に終わったはずだ)
 何度も違う場所に飛ばされ、その度に違うオスカーを見た。ステファンはもう父に呼びかけようとはしなかった。
(そうか、ここはお父さんの思い出の中なんだ。ぼくの声は届かない。木の葉みたいに飛びながら見ていることしかできないんだ……)

 ふと風が止んだ。ステファンは見覚えのある場所に立っていた。
「ステファンこっちへいらっしゃい、いいお天気よ」
 髪の長い小柄な女性が、芝生の上で呼びかけている。その灰色の目を見て、ステファンは驚いた。
(お……お母さん?)
 輝くような笑顔をした、若い母がそこに居た。母がこんな風に髪を下ろした姿など、しばらく見ていない。ステファンの知っている母ミレイユは、常にぴっちりと髪を結い上げ、凛とした眼差しで家を取り仕切る厳格なイメージしかなかった。
「おや、日光浴かい? そうだ、フィルムがまだ残っていたから写してあげよう」
 カメラを手に現れたのは、ステファンの記憶に残る通りの父だ。
 それを見て、好奇心いっぱいの顔でちょこちょこと走ってくる幼子がいる。
(あれは……ぼく?)
 確か三歳か四歳の頃だ。ここは黄色い屋敷の中庭に違いない。この日のことは覚えていないが、柔らかな陽射しの中でカメラを向ける父の姿だけは、妙に覚えている。
「ステファンだめだよ、そんなにカメラに近づいちゃ写せないよ」
 オスカーは笑いながらシャッターを切る。その隣で屈託無く声をあげて笑うミレイユ。
 こんな日もあったのだ。
 こんな明るい母も居たのだ。
 見ているステファンの目に涙が浮かんできた。
「お父さん!お母さん!」
 聞こえないとわかっているのに、ステファンは叫びながら思わず駆け寄ろうとした。

 パタン。
 本が閉じるような音がして、目の前の全てが消えた。
「フウ、危ナイ危ナイ」
 茫然としているステファンのすぐ隣に、鈍く光る仮面が浮いていた。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 
読んでいただいてありがとうございます。応援していただけると励みになります。
 
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
気になるぅ。
松果さんこんばんは♪
オスカーの章、楽しませてもらっています。
それにしても、ファントム!!一体なにをたくらんでいるんでしょう?
せっかくステファンが、家族の満ち溢れた愛をかみしめたというのに…。
それにしても、こんなに愛情いっぱいの家庭を築いていたミレイユとオスカーが、なぜ別れる事になってしまったのか?オスカーがあちこちで放浪していた訳は?
うーん。気になる事がいっぱいで、目が離せません!
続きを心待ちにしています♪

ミナモ 2007/12/21(Fri)17:27: 編集
それはね。
ミナモさんへ
いつもありがとうございます。
ファントムは結構重要な役どころなんですよ。
オスカーの謎は……う~ん、もうちょいと引っ張ります(笑)

あちこちでばらまきまくった伏線、只今回収作業におおわらわ。
松果 2007/12/21(Fri)22:30: 編集
わかります…。
伏線の回収作業…。ほんとに大変なんですよね(笑)
私も今、あたふたしている真っ最中ですから(笑)

でも、一人一人の登場人物がしっかりしていて、とっても良いですよね。お話に引き込まれます♪
風となってオスカーの思い出を追うステファンの描写に、感激しました!!
ミナモ 2007/12/22(Sat)06:03: 編集
ありがとうございます
ステファンの描写、苦労したところなんです……
序盤の「王者の樹」のところと表現かぶってしまうので、何度も書き直しました。
オスカーの章を書き始めた頃、偶然にもミナモさんの小説も過去への旅をするあたりでしたね。
こういうのって難しい~!
松果 2007/12/23(Sun)20:27: 編集
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
松果
HP:
性別:
女性
職業:
兼業主婦
趣味:
読書・ネット徘徊
自己紹介:
趣味で始めたはずの小説にはまってしまった物書き初心者。ちょいレトロなものが好き。ラノベほど軽くはなく、けれど小学生も楽しめる文章を、と心がけています。
バーコード
最新コメント
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 ミナモ]
[09/24 松果]
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]