忍者ブログ
1950年代の欧州風架空世界を舞台にしたファンタジー小説です。 ちょいレトロ風味の魔法譚。
[8]  [9]  [10]  [12]  [11]  [19]  [20]  [68]  [70]  [23]  [24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 翌日は朝から雨が降っていた。
「ステファン、修行はじめだ。森へ行こう」
 オーリは散歩にでも誘うような口調で言った。
「え? でも雨が降っているのに?」
「雨だからいいんだよ。マーシャに長靴を出してもらっておいで」

 霧のような雨が降る中を、オーリは黒いローブだけで傘もささずに歩いていく。
「やあ男爵。やあ皇帝陛下どの」
 庭に咲き誇る花々の間を歩きながら、オーリは時々挨拶の声を掛けた。
 大きすぎるレインコートのフードを目の上に引っ張り上げて、ステファンはきょろきょろと辺りを見回した。オーリとステファン以外、人影は見えない。
「先生、この庭に誰か居るんですか?」
「居るさ、もちろん。そのうちわかるよ、君にも」
 オーリはいたずらっぽい微笑を浮かべて庭の奥に続く森に向かった。

 森の中はうす暗く、不思議な匂いに満ちていた。
 大きな歩幅で歩くオーリに置いていかれないように気をつけながら、ステファンは昨夜から気になっていたことを思い切って聞いた。
「先生、アトラスさんは? 帰ったんですか?」
「ああ、そうらしいな」
「あの、昨日言ってたことだけど、竜や竜人がたどった道は……って、どういうことですか?」
 幾重にも折り重なった木の葉から、オーリの肩に雫がパラパラと落ちてきた。
「ステファン、ここに来るまでに君は竜を見たことがあったかい?」
「いいえ。お話の中にしか居ない、想像上の生き物だと思ってました」
「じゃ、魔法使いは?」
「そういう人が居るとは聞いてたけど、実際先生に会うまでは、まさかと思ってました」
「正直だな」
 広い背中が笑い声とともに揺れた。
「つまり、そういうことだ。竜や、竜人や、魔法使いなんて人々から忘れられつつある。忘れられるということは、存在しなくなることに等しい」
 ステファンは改めてショックを受けた。
「じゃ、じゃあぼく、魔法の修行なんてしても誰にも認められない?」
 オーリは歩みを止めて振り返った。
「認められなかったとして、じゃあ君は、見えないはずのものが見えたりラジオを壊してしまったりする力を、無かった事になんてできるかい?」
 ステファンは首を振った。そんなことができるなら、家でも学校でも苦労はしなかった。
「だろう?わたしにもできないよ」
 オーリは誰も居ない空間に手を伸ばした。
「この世界は、目に見えない曖昧な力に満ちている。わたしはその力を集めて、何かの形として表現せずにはいられない。雨は天から大地に向けて降る。木々は大地から天を目指して伸びる。それは誰にも止められない。魔法も同じことだ。やむにやまれない力、それを意識的に操ることに長けた者が、魔法使いと呼ばれるんだ」
 宙に向けたオーリの指先を見つめていると、今にも眩いスパークが飛び出すのではないかという気がして、ステファンは息をつめた。
「安心しなさい、こんな湿気の多い日にスパークなんて出せないよ」
 オーリは何かを掴むような仕草をして、その手でステファンの胸をドン、と突いた。
「じゃ、健闘を祈る」
 そう声が聞こえたかと思うと、オーリの姿はかき消えていた。
「せ、先生?」
 ステファンは慌てて周りを見た。
「オーリ先生!どこ?」
 声が木々の間に吸い込まれていく。辺りにはオーリの姿どころか、気配すら感じない。
「どういうこと……?」
 
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 
ランキング参加しています 。応援していただけると励みになります。

 



ここまで読んでいただいてありがとうございます。

さて、やっと修行らしきことが始まるステファン君ですが(序盤が長すぎやし!)ここからはお話が分岐します。
こちらのブログでは相も変わらず人をくったようなオーリさんの明るく健全な魔法ライフ(?)を描きますが、
投稿サイト「小説家になろう」の(新)「オーリローリ」13話以降、そして投稿コミュの
(旧)「オーリローリ」 9話以降では、同じ登場人物によるパラレルワールドでのお話が……
少し変わった展開になっていきそうです。
お時間と興味のある方は、ちょこっとのぞいていただけたら嬉しいです。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おはようございます♪
雨が大地に降るように、木々が天に向かって伸びるように…かっこいい~やむにやまれぬ力。もう~松果さん、朝からドキドキですよ♪
っと、お話がパラレルワールド…どうしようかな。
とりあえず、ここから真っ直ぐ進んでみて…
と、雨の森で迷う…(笑)
よし!ステファン、一緒に迷おう!(←もはや意味不明
らんらら URL 2008/01/24(Thu)08:09: 編集
キザ台詞
うはは~
「魔法」の定義をどうしよう、ってことでオーリに語らせてみた箇所だけど…キザやな~(~_~)
そのわりに魔法の具体名や呪文なんて未だに出てこないし。
このお話、全体的に「曖昧、じれったい感」が漂ってます。
作者の性格そのまんまやな~。

「オーリローリ」のほうは、只今更新が滞ってます。すみません。やっぱり分岐ストーリー同時進行なんて、初心者がやるもんじゃないな…当分はブログに集中です。
(でもあっちも止めないけどね、ムフフ)
お時間がある時にでも迷い込んでみてくれたら嬉しいです。
松果 2008/01/24(Thu)08:35: 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
松果
HP:
性別:
女性
職業:
兼業主婦
趣味:
読書・ネット徘徊
自己紹介:
趣味で始めたはずの小説にはまってしまった物書き初心者。ちょいレトロなものが好き。ラノベほど軽くはなく、けれど小学生も楽しめる文章を、と心がけています。
バーコード
最新コメント
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 ミナモ]
[09/24 松果]
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]