忍者ブログ
1950年代の欧州風架空世界を舞台にしたファンタジー小説です。 ちょいレトロ風味の魔法譚。
[12]  [11]  [19]  [20]  [68]  [70]  [23]  [24]  [25]  [28]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 森での一件以来、ステファンは裸足で遊ぶことが多くなった。芝生のある中庭はもちろん、一見生え放題のように見える裏庭や菜園、はては森の中まで。自分の足裏で地面を蹴り、土の力強さを受け止めて走ると、不思議に力が満ちてくる。わずか数日でステファンはすっかり日焼けし、足裏の皮膚は丈夫になった。
 そうして遊ぶうちに、森の中だけでなく、この家の庭にもいろんな住人が居るのに気付くようになった。姿のある者、無い者、生物なのかそうでないのか分からない者……それらを「妖精」と呼ぶべきかは知らないが。
 オーリが「男爵」と呼んでいた者はガーゴイルの、「皇帝陛下」はヒキガエルの姿をして時々現れた。住人たちは悪戯をするわけでもなく、時々はマーシャを手伝って菜園の世話をする者さえ居るが、ステファンが声を掛けると慌てて走り去るのがおかしかった。
 
「ステフ、ちょっと上がってきてくれないか」
 裏庭で尺取虫とにらめっこをしていたステファンに、二階の窓からオーリが声を掛けてきた。最近、オーリやエレインはこの呼び方が気に入っているようだ。女の子みたいで嫌なんだけどなあ、と思いながらステファンは急いで足の泥をぬぐい、階段を駆け上った。
 南北に長いL字型をしているこの家は、北側、つまり「L」の短い部分が後から増築されたようだ。二階の角はオーリの寝室、その隣から端までがアトリエ兼書斎になっている。
 部屋に近づくと、廊下にまで絵の具の匂いが漂ってくる。と共に、不機嫌そうなエレインの声が聞こえてきた。
「――あたしまで巻き込まないでよね。だいたいオーリが甘やかすから……」
 ステファンは遠慮がちに、開け放したままのドアをノックした。
「や、ステフ。良かった、力を借りたいんだ」
 オーリがほっとしたような顔で振り向いた。
「力って、ぼくの?」
「ああ、君の得意分野だ。エレイン、もうドアを閉めてもいいぞ」
「偉そうに言わないでよ」
 ムスッとした顔でエレインがドアを閉め、同時にオーリが杖を振って窓とよろい戸を全て閉めた。こうなると、部屋の明かりは、天窓から差し込むわずかな光だけになってしまう。
「な、何が始まるんですか?」
「迷子を捜すんだよ」
 オーリが神妙な顔をした。
「なーにが迷子よ、勝手に脱走したんでしょ。オーリがインク壷のフタをちゃんと閉めないから」
「はいはい悪かったよ。確かにアガーシャの力を甘く見てた」
「あのう、話がわかんないんだけど……」
 ステファンはまごついて二人の顔をかわるがわる見た。
「アガーシャってのは、オーリのインク壷に棲んでる妖精よ。それとも使い魔だっけ?」
「そういう言い方をすると、余計にヘソを曲げるぞ……ステフ、姿の無いやつらの気配が、君にはわかるね?」
「あ、はい、なんとなくだけど」
「それで充分だ。とにかく、逃げ出したアガーシャを早く探したい。物体にくっつくのが好きだから、この部屋の中で何かに潜んでると思うんだ。微かだが青く発光してるはずだ、それを見つけ出してくれ」

 奇妙な捜し物――オーリに言わせれば迷子捜し――が始まった。
 アトリエと書斎を兼ねる長方形の部屋は、さして広くはないが、なにしろ色んな物が置いてある。窓の近くには大小のイーゼルに描きかけの絵、絵の具に筆に油類。窓の無い側の壁は棚にキャンバスの数々、丸めたままの画布、額縁、おびただしい数の本、雑多な紙類。意味不明のオブジェ、もしくは魔道具。加えて入り口正面には重厚な木の机があり、幾つかのインク瓶やペン類の横にはタイプライターが置かれている。
 ステファンはその机に目を留めた。
 変だ。羽根ペンが十本ばかり、上質の皮製ホルダーにきちんと収まっているが、そこだけ生き物のような気配が漂っている。それにタイプライターも。
 机に近づこうとするステファンに、オーリが声を掛けた。
「ああ、言い忘れていたけど、その羽根ペンはもともと生きている。そういう魔道具なんだ。それにタイプライターにはガーリャってやつが棲みついてるから、そこは違うだろうな」
 ステファンは驚いた。
「いったいここには、何種類の“住人”が居るんですか?」
「さあて何種類だっけ、数えたことないなあ」
 屈託なく笑うオーリの顔を、ステファンは呆れながら見上げた。
「いいから早く捜しましょ、この暑いのに閉め切った部屋に長居するなんて、まっぴらだからね!」
 エレインはますます不機嫌になりつつある。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
うふ♪
いいなぁ~ステフ♪可愛い~。子供らしい行動って楽しくて大好きです♪我が家は子供がいないので余計に面白い♪(松果さんちの子供たちもヲタ道ですか^∀^、姉と姪っ子がそんな感じです…親子そっくりで笑えます♪)
いろいろな生きているものたち♪想像して楽しんでます!
っと、く~。今日はここまでです~(><)
出勤時間が迫っている~
らんらら URL 2008/01/25(Fri)08:48: 編集
ども~!
出勤前の忙しい時間にありがとうございます!

ステフはね、親元に居たときは結構窮屈な思いをしてたんじゃないかしら。それがオーリのおおらかな教育方針の元で、本来の生き生きした姿を見せるようになったんではないかと。

結果、ステフがどんな力を発揮するようになるか、お楽しみに。
松果 2008/01/25(Fri)10:49: 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
松果
HP:
性別:
女性
職業:
兼業主婦
趣味:
読書・ネット徘徊
自己紹介:
趣味で始めたはずの小説にはまってしまった物書き初心者。ちょいレトロなものが好き。ラノベほど軽くはなく、けれど小学生も楽しめる文章を、と心がけています。
バーコード
最新コメント
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 ミナモ]
[09/24 松果]
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]