忍者ブログ
1950年代の欧州風架空世界を舞台にしたファンタジー小説です。 ちょいレトロ風味の魔法譚。
[7]  [8]  [9]  [10]  [12]  [11]  [19]  [20]  [68]  [70]  [23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 やがてステファンが眠気を感じ始めたのを見て取って、オーリは杖を取り出し、全ての片付けを一気に終わらせた。
「片付けなんて面白くないしね」
 オーリは言い訳したが、本当はマーシャを気遣ったのだろう、とステファンは思った。
 マーシャは古い恋歌を口ずさみながら、お茶の準備をしている。
 
 中庭の芝生の上では、アトラスが空の酒樽を枕にして地鳴りのようないびきをかいていた。
「あーらら、あのくらいで酔っちゃって」
 エレインはといえば、相当飲んだのに素面しらふのように平然としている。
「このまま寝かせといてやろう。仕事の契約は今日一日だが、明日起きたい時に起きて、帰りたい時に帰ってくれればいい」
「え、アトラスさんはここに住んでるんじゃないんですか?」
「うん、帰る所があるんだよ。本来、竜は自由な生き物だが、現行法では野生種は特別保護区の中でしか生きることを許されない。保護区の外で魔法使いに使われるのはほとんど、従順になるよう管理された種だよ」
「アトラスさんは?」
「彼は野生種。ただ、人語を操れるものであちこちで重宝されて、特例として単発で依頼された仕事をする時のみ保護区の外に出られる。どっちにしろ彼にとっては屈辱的だろうにね」
「この子は寂しいのよ」
 まるで母親のような顔でアトラスの頭を撫でながら、エレインは呟いた。
「翼竜は他にも居るけど、人語がしゃべれる種は、この子が最後の生き残りだもの。同じ言葉で語り合う仲間は居ない。だから人間に近づきたがるのかもね……」
 エレインは何かを思い出すような哀しい目をしている。その傍らに寄り添うように立ってオーリはアトラスを見つめた。
「竜や竜人のたどった道は、いずれ魔法使いもたどる道さ。時代によって利用されたり否定されたり、都合のいい存在だ。今は科学万能とか言って魔法そのものが忘れられようとしてる。昔、魔法と科学は共存してたはずなのにね。そのうち、僕らなんて物語の中にしか存在しなかった、ってことにされるんだろうな」
 ステファンは冷たい水が胸に流れ込んだような感覚がした。聞きたくないことを聞いてしまった。
 いつの間にか空は暗くなり始め、冴え冴えと白い月が顔をみせている。

「あらまあ坊や、いくら夏でも風邪をひきますよう」
 マーシャは毛布を取りにいこうとしたが、オーリは笑ってそれを制した。
「竜はいつだってああして眠る。毛布なんていらないんだよ」
 そして灯りの下に戻ると、すぐに厳しい表情に変わった。
「ステファン、君は明日から早速修行だ、今日は早く休みなさい。わたしは仕事にかかるよ。マーシャ、濃いお茶を頼む」
 
 あ。そうか。ステファンは気付いた。
 先生が「わたし」という時は、魔法使いとして振舞う時なんだ。
 今、仕事の顔に変わったんだな、と。

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 
ランキング参加しています 。応援していただけると励みになります。

 

 



アトラスは「翼竜」と表現していますが、もちろんプテラノドンなんかの恐竜とは違います。
「短い前足」があるので、ワイバーンとも違います。
西洋竜で翼が発達した種なんでしょう。
でも、竜の翼って、羽ばたくのか?
わたしなりに出した答えは、「主に滑空飛行だが、必要な時(離陸、加速、着陸)には羽ばたく」です。
でもさすがに、ダンスまでさせちゃったのは暴走気味かな……ディズニーアニメじゃあるまいし。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
またまた、また。
こんばんは。松果さん。三度お邪魔しました(笑)
続きがとっても気になってしまって…。

登場人物が際立っていて、いいですね~。特に、エレインの哀しげなつぶやき…。気になりますね。何か、竜人ゆえの哀しい過去があるんでしょうか…。元気な彼女と、このシーンの彼女にギャップがあって、ぐぐっと感情移入しちゃいました。

また読ませていただきますね♪

あっ、それから、私のブログの方でお返事を聞かないまま、早速リンク貼らせていただきました!

これからもよろしくです。
ミナモ 2007/12/06(Thu)22:17: 編集
ありがとうございます
リンク貼ってくださってありがとうございます!
さっそくこちらも貼らせていただきました♪

エレインには主役より思い入れがあるんです。
お話が中だるみしそうになると彼女に暴れてもらってます(笑)
勢いだけで書いているお話ですけど、これからもよろしくお願いします。
松果 2007/12/06(Thu)22:52: 編集
おはようございます♪
食事のシーン!大好きです♪
エレイン、ビジュアル的にもそそられる(笑)素敵キャラです~!アトラスの樽に顔を突っ込む姿♪
時代と共に追いやられる存在…なんだか切ないです~。
理解されないこと、ステファンはきっと経験済みでしょうけど。覚悟のいる生き方ですよね♪そういう意味でオーリさまはやっぱり、カッコイイ~「わたし」口調のオーリさま♪スキです!!
らんらら URL 2008/01/23(Wed)08:21: 編集
食いしんぼですから~
いつもコメントありがとうございます。
食事のシーンを書くのは楽しいです♪
わたしはネットで外国の料理をあちこちぐぐって、
よっしゃ、これとこれとこれ!と具体的にイメージしながら書くんです。自分で実際に食べられればもっといいんだけど…

このお話にはあんまり女の子出ないんで、エレインには結構大胆なカッコさせてます。でもど派手な赤毛にヘソ出し、とても50年代のファッションじゃないな(^_^;)

>覚悟のいる生き方
そうなんですよね。かつてはオーリも苦しんだはずだけど、既に達観してるというか、開き直ってるというか。ステファンにそういう覚悟ができるかしらん。
仕事のときは「わたし」口調、そういう切り替えをする心情、読み取っていただくと嬉しいです♪







松果 2008/01/23(Wed)09:17: 編集
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
松果
HP:
性別:
女性
職業:
兼業主婦
趣味:
読書・ネット徘徊
自己紹介:
趣味で始めたはずの小説にはまってしまった物書き初心者。ちょいレトロなものが好き。ラノベほど軽くはなく、けれど小学生も楽しめる文章を、と心がけています。
バーコード
最新コメント
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 ミナモ]
[09/24 松果]
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]