忍者ブログ
1950年代の欧州風架空世界を舞台にしたファンタジー小説です。 ちょいレトロ風味の魔法譚。
[37]  [39]  [40]  [41]  [42]  [43]  [44]  [45]  [47]  [50]  [51
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「もう二年になるのになぁ」
 客間からユーリアンも出てきて、ため息をついた。
「まだ二年、だよ。エレインは普段、快活な守護者として振舞っているけど、竜人を迫害した人間を決して許しちゃいない。だから新月が来る度に、フィスス族最後の日を思い出して、ああして荒れるんだろう」
「馬鹿か。お前の事を言ってるんだよ。エレインさんがここに来て二年になるのに、何もわかっていないな」
 褐色の手がオーリの顔を指差した。
「その水色の目は、ふし穴か? オーリローリ、お前は余計な物は見えるくせに、一番近くが見えないんだな。竜人は人間みたいにヤワじゃない。荒れている原因は過去にじゃなく現在にあるんじゃないか? だいたい“守護者”なんて中途半端な立場のままで放っておくのが悪い。さっさと告……」
「おおそうだ! 荷物の開封をしないと!」
 オーリは二階を気にしながらわざとらしい大声を出した。
「そうやってはぐらかすんだよな。まったくこの男は、魔法じゃ優秀なくせに……」
 呆れたように顔をしかめて、ユーリアンはステファンに向き直った。
「扱いにくい師匠だろ? 嫌になったらうちに来な、いつでも歓迎するから」
 ステファンはどう答えてよいかわからず、曖昧に笑ってすませた。

「おい、風が湿ってきたぜ。雨に降られたくなけりゃ、もうそろそろ発たねえと」
 アトラスが空を見上げて大きな鼻をひくつかせている。
「ユーリアン、開封に立ち合わないのか?」
「そうしたいけどね、夕食までに帰るってトーニャと娘に約束してるんだ。魔女の機嫌を損ねると大変なんだよ」
「そりゃ怖いね、たしかに」
 笑ってオーリが差し出すローブを受け取りながら、ユーリアンは小声で耳打ちした。
「気をつけろよ。近々“竜人管理法”が改正されて規制が厳しくなる。守護者って肩書きだけじゃエレインの立場は苦しくなるぞ」
 オーリは目を見開いて相手を見返した。
「確かか?」
「ああ。だから、よく考えろ。人間界で彼女を守るために、どうするのが最善か」
「わかった、忠告ありがとう」
 お互いに肩を軽く叩いて、オーリは後ろに下がった。
 アトラスの羽ばたきが中庭の木々を揺らし、その背中でユーリアンが手を振る。
「美味しいお茶をどうも、マーシャさん。ステファン、次に会うときは――!」
 最後まで聞き取れないうちに、アトラスは飛び立ってしまった。
「エレイン様ったら、お見送りに間に合いませんでしたわねえ」
 マーシャが残念そうに頭を振った。が、オーリは二階からエレインがそっと手を振っているのに気付いていた。
「どうするのが最善かって? それがわかるような魔法があれば……!」
 二階の窓に揺れる赤い巻き毛を見つめながら、オーリは苦い表情でつぶやいた。

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 
読んでいただいてありがとうございます。応援していただけると励みになります。
 
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おはようございます!

やっぱり竜人エレインには、悲しい過去があったんですね…。

人間とは、いつの時代もどの世界でも、愚かな過ちをしてしまう生き物なのですね。

あぁ…傷ついたエレインの心を救えるのは、オーリなのにぃ。

このじれったさが、たまりません(笑)


またお邪魔しますね♪
ミナモ 2007/12/13(Thu)07:06: 編集
ミナモさんへ
いつもありがとうございます!

エレインは「陽気なもののけ姫」です(笑)
でも肝心のオーリが、ねえ。ほんとじれったい。
キザな台詞をしゃら~っと言うキャラのくせに、自分の恋には正面から向かえないって人、いますよね。

さて今後お話はどう転がっていくんでしょう。
プロットは一応あるものの、着地点がどこなのか、わたしにもわかりません(←無責任)

最近更新ペースが落ちてます。年末、更新をどこまでがんばれるかな~(汗)


松果 2007/12/13(Thu)08:40: 編集
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
松果
HP:
性別:
女性
職業:
兼業主婦
趣味:
読書・ネット徘徊
自己紹介:
趣味で始めたはずの小説にはまってしまった物書き初心者。ちょいレトロなものが好き。ラノベほど軽くはなく、けれど小学生も楽しめる文章を、と心がけています。
バーコード
最新コメント
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 ミナモ]
[09/24 松果]
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]