忍者ブログ
1950年代の欧州風架空世界を舞台にしたファンタジー小説です。 ちょいレトロ風味の魔法譚。
[142]  [145]  [144]  [149]  [151]  [152]  [154]  [155]  [156]  [157]  [158
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


  十一月最初の土曜日。

 首都の駅から程近いヴィエークホールには、多くの人が訪れていた。この季節には珍しく、空は穏やかに晴れている。灰白色の古めかしい建物は、もとは貴族の所有する小さな城だったのだが、戦後台頭してきたヴィエークという財団が買取り、二年に一度、若い芸術家のために大規模な美術展を開いていた。
 
 広いホールの中は幾つかのブースに仕切られ、いつもは個別に細々と展覧会など開いている画廊主がここぞとばかりに店自慢の作品を並べる。あるいは個人で出展する者も居る。有名無名の別もなく、若手の芸術家が自分の野心作を世に問う場に生まれ変わった古城は、静かな熱に満ちていた。
 
 平和だな、とつぶやく画家が一人、円柱にもたれて人びとを観察していた。描きたいものを描けず逃げ回った少年時代が嘘のようだ。世の中がどう変わろうと、美を求めようとする人の心が消えないものならば、平和なほうが良いに決まっている。買い付け目的で訪れた美術商に混じって、ただ新しい感覚の作品を楽しむため、我が家の壁に飾る小さな絵を求めるため、行き交う人びとの後ろに見えるのは、つつましい幸福の色だろうか。そんな幸福の陰で忘れ去られようとする者たちが居るのも確かだが……

「わ、先生。ずっとここに居たの?」
 ぶつかりそうになった少年が、驚いて鳶色の目で見上げた。
「ずっと居たよ。気配を消してると風景の一部になってしまうから分からなかったんだろう」
「うん。あのね、先生の絵、すごく評判いいみたいだよ。すぐに良い買い手がつくだろうって!」
 無邪気な少年の言葉に微笑み、画家は冷静に言った。
「あんまり早く売れるのは困るな。主賓が来てからでなきゃ面白くない。じっくり交渉するように言っておいてくれ」
「わかりました。でも、ちょっと他のとこも見てきていい?」
 答えを待たずホールに向かう小さな背中に、迷子になるなよ、と言いかけて画家は苦笑し、自分に言い聞かせた。
「過保護だぞ、オーリローリ。ステファンだってもう十一になるんだから」
 
 ホールの一隅から場違いなほど声高にしゃべる人物が現れた。画家の待ち人が来たらしい。取材に来た新聞記者や雑誌記者を見て何を勘違いしたか、下品な笑い声を立てている。
「来い、カニス。舞台はこっちだ」
 誰にも聞こえぬようにつぶやき、銀髪の画家は円柱の向こうに消えた。

 オーリローリ・ガルバイヤンの絵の前には人だかりができていた。
 暗い緑色をベースに、燃えるような赤い髪が踊る。肥沃な大地を蹂躙する人間たち、誇り高く剣をかざして戦い果てる竜人、そして混沌の地を離れ、天高く舞う美しい娘――竜人フィスス族の過去、現在、未来がひとつの画面に表現されている。
 最上部に描かれた竜人の娘は、まぎれもないエレインの顔だ。背中には、微かな光が翼の形に浮き出ている。全体的に重い色調の画面のところどころに絵の具を掻き取ったような跡があり、下絵に描かれた明るい色が顔を出して画面に光を与えている。オーリが一度全体を塗りつぶしてしまったのはこういう計算があったのか、とステファンはため息をついた。
 カニス卿の顔は、確かに描かれていた。画面の最下部、どす黒い混沌の地に鎖で繋がれてぶざまに吠え立てる――犬(canis)の姿で。

「こっ、こっ、これは何だあ!」
 カニス卿は大きな腹を揺らしてわめいた。
「バカにしおって若造が! こんなものは芸術の名に値せん! おいサウラー画廊、事と次第によっては……」
 だがそんなわめき声も、次々と焚かれるフラッシュやカメラのシャッター音にかき消された。成り上がり者のカニスを日ごろから良く思わない大衆紙の記者など、溜飲が下がったような顔で絵の中の“犬”とカニスの髭づらを並べて撮っている。
「オオ、素晴ラシイ、シュールデス!」
 カニスを押しのけて外国人らしい女性が声をあげた。
「美シイ! 竜人ガ生キテイマス。コノ国デコンナ絵ニ出会エルトハ」
「全くだ、奇をてらっただけの抽象画が多い中で、久々に魂のこもった絵を見ましたぞ」
 画商らしい別の男も、顔を上気させてさかんに画廊主のキアンに話しかけている。
 人びとは絵を賛嘆する一方で、壊れた機械仕掛けの人形のように口をパクパクさせているカニスの顔を見ては失笑をこらえている。
「お気に召して頂けたかな、カニス卿」
 人垣の頭越しに、銀髪の青年がのどかに声を掛けた。
 一瞬怪訝そうに青年を見上げた人びとの中から、記者たちがまず気付いてどよめいた。
「ガルバイヤン! あなたはこの絵の作者、ガルバイヤンですね?」
「カニス卿の出資を受けるというのは本当ですか?」
「卿、犬の姿に表現されたご感想は? 何かひと言!」
 凹面型のフラッシュが一斉に焚かれる。赤ら顔をさらに赤くしていたカニスは、記者たちに取り囲まれてオーリを睨んだ。
「貴様……我輩に恥をかかせたつもりだろうが、後悔することになるぞ」
「はて、恥とは?」
 オーリはすっとぼけた顔で応じた。
「わたしは筆に任せて表現したまでですよ。絵の解釈は人それぞれだ、出資の話もお心任せということで」
「気ニ入ラナイナラ、アナタハ退キナサーイ、犬男爵サン。コノ絵ハ私ガ買イマース」
 白い手を挙げた外国人女性に、周囲から拍手が起こる。画商たちは焦った顔を見せた。普通この手の美術展では、絵を買い取るなら画廊を通じて個人的に、静かに交渉を進めるのが常だ。
「いや、ちょ、ちょっと待ってください。私が先に交渉を」
「いいえ、当店こそが」
 
 にわかに賑やかになるブースの中央で、突然カニスが笑い始めた。
「くくく、なるほどねえ。まんまと策略に乗せられましたな」
 ざわめいていた人びとが一斉に振り返った。
「諸君、気をつけたまえ。この若造は魔法使いだ。自分の作品を売り込むために人の心を操るくらい、わけはない。しかも家に赤毛竜人の娘を囲ったりして、不道徳極まりない奴だ」
 オーリの水色の目が怒気を含んで光った。“竜人の娘”という言葉に反応した記者が、今度はオーリを取り囲む。
「あの絵に描かれた竜人のことですね? モデルが実在するんですか?」
「どの竜人です? ひょっとして、あの一番上に描かれた美人がそうですか?」
 なんて人たちだ、とステファンは記者たちを睨んだ。ついさっきまで“犬のカニス”を笑っていたくせに、面白そうな話題なら何にでもとびつくのか。モデルがどうとか、絵の価値とは関係ないじゃないか。幸い今日はエレインを連れて来てはいないが、何でオーリはこんな連中を呼び寄せたのだろう? わざわざ使い魔まで飛ばして。
 ステファンの不安をよそに、オーリは冷静な顔で答えた。
「確かに、あの竜人のモデルとなったのはわたしの守護者ですが。カニス卿には逆に“不道徳はどちらか”と申しあげたい。一たび魔法使いが竜人と契約したなら、ずっと共に居るのはむしろ当然だと思いますよ。あなたのように、年端も行かない少年の竜人をカネで売り払うなど、わたしには信じられないね」
 落ち着き払ったオーリの声に、人びとはおお、とうなるような声をあげた。
「我々は遥かな昔から、竜人の偉大な力の恩恵を受けて生きてきた。思い出して欲しい、皆さん。この国が戦後の痛手から立ち直る時、人間の手では何年かかるか知れなかった港や街の修復を、一体誰が担ってくれました? その代償として我々は、彼らに何を返してきたのです?」
 ステファンははらはらしながら成り行きを見守っていたが、ふと気が付いて、大人達の足元をかいくぐり、カニスの背後に近づいた。オーリは冷静に話を続けている。
「―――わたしがこの絵を描いたのも、我々の罪を忘れないためだ。かつて隣人として大勢いたはずの、竜人の尊厳を取り戻したいからだ!」
「ところでその竜人の娘ってのは、今日は連れて来なかったんですか? ぜひ取材させて頂きたいんですがねえ」
 オーリの言葉など耳に入らないように軽薄な調子でカメラを掲げる記者を、水色の目が睨む。ピシ、と音を立てて、フラッシュ球が割れた。
「本当に竜人の話を聞きたいなら、礼を尽くして管理区にでも取材したらどうです? どれほど人間が理不尽な仕打ちをしてきたか、嫌になるほど分かるはずだが」
 気迫に押されたように、記者はすごすごと人垣に隠れてしまった。
 
「ごたくはそのくらいにしておくんだな、ガルバイヤン」
 傲慢な目を向けて一歩踏み出そうとしたカニスが、う、と口髭を歪めた。
「ずるいよ、おじさん。魔法使いはこういう場所で杖を使っちゃいけないんだ。そう習わなかったの?」
 こっそり杖を向けようとしたカニスの手を、ステファンがしっかりと押さえている。
 周りの人は飛びのき、非難の声を浴びせた。
「魔法使いの公共の場における禁止事項違反。記者さん、今のはちゃんと撮ったんだろうな」
 オーリは口の端を上げて皮肉っぽく言ったが、決して目は笑っていなかった。
「カニス卿、幸運でしたね。違反が未遂で済んだことをこの子に感謝なさい」
 悠然と言い捨てると、ステファンを連れてその場から離れようとした。

「は、いい気になりおって! 貴様はもうお終いだぞ、ガルバイヤン。我輩はヴィエークの者にも顔が効くんだ、分をわきまえない生意気な若造など、画壇に居られなくしてやる!」
 カニスは真っ赤な顔で幼児のようにあからさまな憎悪の言葉を投げつけている。オーリは画廊主に肩をすくめてみせた。
「だってさ、キアンさん。どうする?」
「さてねえ。“顔が効く”ヴィエークに言ってつまみ出してもらおうか。あんなのがきゃんきゃん吠えてたんじゃ、美術展の品位に係わるからね」
 うんざりしたようなキアンは手を挙げ、各ブースを見回っている係員に合図を送った。

「カニス? そんな名ではなかったはずだ。確かあの者は……」
 人垣の後ろから騒ぎをじっと見つめる人物がいた。誰にも気付かれることなく、彼は静かに会場を後にした。
 
 
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 
読んでいただいてありがとうございます。応援していただけると励みになります。

 

 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ほへ~。
なんとかここまできました。

記者もカメラマンもごっちゃにして書いちゃいましたね。
「フラッシュ」は現在のストロボが発明される前、一回発光させるごとにごとに球を取り替えてたタイプ。
呼び名が違ってたらごめんなさい。
ちなみに、現実の美術展では絵の前でフラッシュたいてバシャバシャ写真撮ったりしちゃいけませんよ。
良い子は真似しないでね(笑)

次話は7月7日更新予定です。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
スッキリ爽快♪
あはは。
カニスという名に犬という意味があったなんて♪

あの時の少年の竜人にした仕打ち。
そんな事も暴露出来て、ほんとにスッキリ!

でも、いつの時代もゴシップに群がる記者って同じなのね~。

で。で?
え~~~っ。
なんか意味ありげなラスト。
カニスがカニスじゃない??
どゆこと?? どゆこと~???
ミナモ URL 2008/09/23(Tue)22:02: 編集
です!
はいー、canisはラテン語で「犬」だそうで。
このシーンを書きたいがために、こういう名前にしてました。我ながらあざといっちゅうか、意地悪いなあ。

で。ラストの人物がつぶやいた言葉。
ごめんなさい、伏線として後に記者の言葉で語らせたんだけど、説明不足だよねー。
後日、改稿の機会があったらここらへんのいきさつをきちっと書きたいんだけど。時間がないわぁ…
松果 2008/09/24(Wed)00:50: 編集
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
松果
HP:
性別:
女性
職業:
兼業主婦
趣味:
読書・ネット徘徊
自己紹介:
趣味で始めたはずの小説にはまってしまった物書き初心者。ちょいレトロなものが好き。ラノベほど軽くはなく、けれど小学生も楽しめる文章を、と心がけています。
バーコード
最新コメント
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 ミナモ]
[09/24 松果]
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]