忍者ブログ
1950年代の欧州風架空世界を舞台にしたファンタジー小説です。 ちょいレトロ風味の魔法譚。
[151]  [152]  [154]  [155]  [156]  [157]  [158]  [160]  [163]  [164]  [166
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 人の発する生の音声というものは、どうしてこんなに心を揺するのだろう。 
 
 エレインは穏やかに、けれどよどみの無い口調で竜人の創世譚から語り始めた。ステファンもこんな風にエレインから直接聞くのは初めてだ。彼女の言葉は淡々として、物語りとも歌ともとれる心地よい韻律で部屋を満たした。始めは物珍しさからクスクス笑っていた子どもたちも、やがて真剣な顔で彼女の言葉に聞き入るようになった。
 時折、暖炉の薪が微かな音を立ててはぜる。
 エレインが語り始める前、オーリは“語り部”の力について少し説明を加えた。人間にいろんな言語があるように、かつては竜人にも種族ごとに独自の言葉があったこと。けれど人間との戦いの歴史の中で、しだいにその言葉は薄れ、今は失われてしまったこと。エレインには過去の竜人たちの声を聞く能力があるが、今日はそれをそのまま伝えるのではなく、彼女自身の言葉で語るのだということ。
 それだけ言うと、オーリはエレインの肩に手を置いて、しっかりね、と言ったきりなぜかそのまま居間を出てしまった。
 ステファンは内心、気が気ではなかった。八月の終わりに、花崗岩に封じ込められた竜人の怨念に同調してしまったエレインの恐ろしい姿を覚えていたからだ。オーリが新しい封印の石を着けてあげたとはいえ、またあんな風になりはしないだろうか?
 エレインの語りは淡々としているが、時々声が震えることがある。人間への怒りを懸命に抑えているのだな、ということがステファンにも痛いほど解る。

 ―――エレインの一族が守ってきた美しく肥沃な大地。“新月の祝い”は、普段離れて暮らしている父親たちと母親たちが顔を合わせる唯一の日であると共に、魔力を忘れて“人”としての姿を取り戻す厳かで神聖な日のはずだった。けれど人間たちはその日を狙って攻め込んで来た。エレインが初めての伴侶を選ぶはずだった美しい日は、こうして一族最期の日となってしまった。父親たちは皆、その場で戦い果てた。エレインも共に戦うつもりでいたが、一番年若いエレインを逃すことで母たちは希望を繋ごうとした――

 やがて話がエレインの母たちの最期に及ぶと、それまで水の流れるようだった彼女の言葉が途切れはじめた。長い袖に隠れた拳がぎゅっと固められている。
 いたたまれなくなって、ステファンは思わずエレインの傍に行った。
 どうしよう。こんな時に何と言ってあげればいいのだろう?
 言葉が見つからずステファンはただ、固まった拳を両手で包んだ。と、もうひとつの小さな手が伸びて、エレインの手に重なった。一番最初に迷路を抜けて来た八歳くらいの女の子だ。
「だいじょうぶ? 竜人のおねえさん」
 女の子に続いて、もう一人。そしてまた一人。その場に居た子どもたち皆が集まってきて、心配そうにエレインの手を取ったり顔を覗き込んだりし始めた。
「……ありがとう。あたしは大丈夫。さ、話を続けるから座って」
 エレインは少し青ざめた顔で、それでも微笑みを浮かべて子どもたちを見回した。
「少し休憩を挟んではいかがです? ほら、この人もお茶を出すタイミングに困ってる」
 客人の紳士が立ち上がって居間のドアを開けた。
 ドアの向こうでは、マーシャがお茶をワゴンに乗せたまま、ハンカチで鼻を押さえて号泣しているところだった。

 それにしても、オーリは何をしているのだろう。こんな時にこそエレインの傍に居なくちゃ駄目じゃないか、とステファンは腹を立てながら、エレインが落ち着いたのを見計らって、二階へ上がってみた。
 案の定、アトリエに灯りが点っている。
「もう先生、何やって……!」
 言いかけた言葉を呑み込んで、ステファンは目を見開いた。
 部屋じゅうに紙が飛び交っている。オーリはその中で、じっと目を閉じて立ち尽くしていた。杖を自分の額に向けているのは、かつて迷子になったアガーシャを探した時に見せた、魔力を強めて集中するやり方だ。
 机の上の羽根ペンが十本とも、ものすごい勢いで走っている。ペン画を描いている者だけではない。普段は無い金属のペン先が付けられている数本が書いているのは、文字だ。インクをつける時間も惜しむように、交代でおびただしい文字を書き付けている。
 インク壷の隣には、蓄音機のホーンのような形の金属の花が震えている。そこから聞こえるのは居間で語っているエレインの声だ。
「……そうだ、語り続けるんだエレイン……怒りに負けるな……」
 オーリは目を閉じたまま、エレインがすぐ近くに居るようにつぶやいている。
 足元に落ちてきた一枚を手に取って、ステファンはオーリが何をしているのかを知った。エレインの語る言葉と記憶の光景をそのまま書き残しているのだ。しかも同時に、いつにも増して強い魔力を彼女に送りながら。オーリは時折足元をふらつかせ、それでも一心に集中していた。
 ステファンは急いで椅子を寄せ、オーリを座らせた。
「先生、何やってるんだよ、もう。いくら先生でも、こんな同時にいろんな魔法を使うなんて、無茶だ!」
「ステフか。時間が無いんだよ。竜人をこれ以上苦しめるような悪法が動き出す前に、エレインの言葉を世の中に伝えなきゃ。それには正確な記録が必要なんだ」
 オーリは目を開けないままでうめくように答えた。 
「それならいっそエレインの隣に居て、手を繋いであげてよ。エレイン、独りで可哀想だよ。力を送ってあげられるのは先生しかいないんでしょう」
「そんなことをすればお客たちは、わたしが魔法でエレインを操って語らせているように思うかも知れないよ。それに羽根ペンたちはこのアトリエ出ては仕事ができなくなるんだ。さあ、分かったら邪魔をしないでくれ!」
 額に汗を浮かべながら祈りにも似た姿でいるオーリと、さっき居間で懸命に怒りを抑えていたエレインの姿がダブって見える。何を言ってもオーリはこの魔法を止めそうにない。ステファンは黙って床に散らばった紙を拾い集め、微動だにしないオーリを残してそっとアトリエを出た。

 夜になると、エレインはさすがに疲れたのか早々と天井の梁に上り、日没後の小鳥のように眠りについてしまった。けれどオーリにはまだしなければいけない仕事があった。机の隅で埃を被っていた古いタイプライターを持ち出し、エレインを起こさないように“無音”の魔法を掛けると、昼間羽根ペンたちが書き取ったエレインの物語を清書しはじめたのだ。
 けれどオーリはどうやらタイピングが苦手のようだった。金属のアームが何度も絡まり、焦る割りには一向に進まない。見かねたステファンはオーリをタイプライターの前から押し出した。
「だめだよ先生、時間が無いんでしょう。ぼくにやらせて」
「何だって? 君、できるの?」
「結構得意なんだ。お父さんの仕事の手伝いで覚えたから」
 ステファンは紙を二重にして挟み直すと、猛烈な勢いでキーを打ち始めた。ピュウ、と口笛を吹いて、オーリは目を見張った。
「驚いた、ガーリャが目覚めて働いてる!」
「ガーリャって、これに棲みついてるやつ? アガーシャみたいに」
 キーを打つ手を止めないまま、ステファンは問うた。
「そうだよ、これをトーニャから譲り受けた時からまともに働いたことが無かったんだが。ありがたい、その調子で頑張ってくれ、ステフ。わたしは挿絵を仕上げるよ」
  こんなに急ぎの仕事なんてどうしたんだろう、と思いながらもステファンは自分の力が初めてオーリの役に立っているとおもうと誇らしさでいっぱいになった。
 結局、使い魔のトラフズクが窓に降り立つ頃には、全ての清書が終わり、オーリは拳を宙に突き上げて快哉を叫んだ。
「オスカー、感謝だ! わたしに弟子ばかりでなく有能な助手まで遣わしてくれた!」
「しーっ、先生、エレインが起きちゃうってば!」
 魔法使いたちの騒ぎを尻目に、トラフズクは冷静な顔で通信筒を背負い、
「滅び行く者、声をあげよ、ってことですな……」
 とつぶやくと一礼して飛び立っていった。

 エレインの話は評判を呼んだようだ。もっと話を聞かせて欲しい、という声が引きもきらず、オーリは次の週からも何度か客を招いた。エレインの語りにはますます熱がこもったが、最初の日のように怒りで声を詰まらせるようなことは無くなった。話を聞き終えた人びとは彼女の手を取って、今まで竜人のことを誤解していた、済まなかった、と涙を浮かべながらしばらく時を忘れて話し込むのが常だった。中にはジゼル・ミラボーのように何度も訪れる人も居り、いつのまにかエレインには人間の友人が何人もできていた。
 相変わらず“関門”の迷路で弾かれるゴシップ記者たちが腹立ち紛れに酷い記事を書きたてたが、果たしてそれを真に受ける者が居たかどうか。“竜人とのお茶会”に感動した人の話は耳から耳へと伝わり、迷路を通り抜けられることがひとつの名誉のようにさえ語られるようになっていった。

 そんなある日、ステファンは話を聞き終えた客の中でひときわ派手に号泣する人を見た。制服を着ていなかったので最初は分からなかったが、そばかすだらけの童顔には見覚えがある。いつも来る郵便配達の若者だ。ステファンに声を掛けられてから何度か迷路に挑んだが、結局今日まで来られなかった、と鼻を真っ赤にしながら言った。
「おれ、知らなかった。エレインさんがあんな辛い思いしてきたなんて。竜人なんか自分には関係ないって思ってたもんなあ。お前やオーリ先生は知ってたんだよな、敵わないよなあ……」
 若者はすっかりしおれてしまった花束をテーブルに置くと、帰ったら郵便局長にもこの話をする、と約束して鼻をすすりながら帰っていった。
 
 客が全て帰っても、迷路の入り口でカラスが騒いでいる。オーリは庭に出て指を弾き、カラスを遠ざけてから呆れたように声をかけた。
「あんたも懲りないね。いいかげん、仕事を離れて一人の人間として来たらどうです? そうすれば通り抜けられるかも知れないのに」
「ああ、長年染み付いたひねくれ根性が邪魔してね。いや、今日はそんなことで来たんじゃないんだ」
 帽子をさんざんに破られた雑誌記者は冷や汗をぬぐいながらオーリに向き直った。
「いいニュースだよ、ガルバイヤンさん。例の髭男、カニス卿が失脚したらしい」
「カニスがどうしたって?」
 不愉快な人物の名を聞いてオーリは眉を寄せた。
「あの髭男、前からうさん臭い奴だと思って調べてたんだけどね。カニスってのは偽名だ。あいつは魔法で他人の記憶を奪って、貴族に成りすましていたらしい。とんだペテン野郎さ。最近になって記憶を取り戻したっていう貴族から訴えられて、今大変なんだと。傑作だろう?」
「あの犬男爵め、そんなさもしい事やってたのか……で、それをわたしに言ってどうしようっていうんです」
「どうもしないさ。ただ、あんたに言われてから俺も改めて竜人の話を聞いてみることにしてね。とある少年からカニスとあんたの因縁を聞いたんで、伝えておきたくなったのさ。仕事抜きでね」
 記者は照れ隠しのように、破れたハンチング帽子を深く被った。
「その少年って、カニスに売られたという竜人の? あの子は今どこに?」
「船に乗ってるよ。港の人足として働いていたところを外国船の船長に気に入られてね。ちゃんとした契約の元だから管理区に送られる心配はないよ。今頃はきっと、東回りで外洋に向かっているだろう。銀髪の魔法使いに会ったらよろしく伝えてくれって頼まれたんだ。竜人の味方をする人間も居ると知って、生きる希望が湧いたってね」
 そこまで言うと、記者は腕時計を見て慌てて道端の車にカメラを放り込んだ。
「ちぇ、時間切れだ。今日も記事にならなかった。せめて赤毛美人の写真でも撮れたらなあ」
 冗談まじりに言う記者に、オーリは真顔で答えた。
「あんたは竜人の話を聞く耳を持っているんじゃないか。もうくだらないゴシップ記事なんて止めたらどうです? お宅の雑誌が事実を曲げずに書くようになったら、いつでも喜んで招待しますよ」
 記者は答えず、苦笑いを残して走り去った。

 
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 
読んでいただいてありがとうございます。応援していただけると励みになります。
 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前回が短かったので、今回の話はたっぷり目に・・・と思ってたんですが、結局たいしたことないですね。もっと掘り下げたいエピソードもあるんだけど、かなりはしょってます。
 オーリのしんどい魔法。50年代ならオープンリールのテープレコーダーがあるだろうに、エレインの話も録音しろよ、って思われそうですが、思い出してください。彼の魔法は電気製品と相性が悪いんです。なんたっていつも身体が帯電してますから。

さて、あと1~2話とおまけの終章くらいで終わりたいんですが、どうなりますやら。
次話の更新は・・・あえて言いません。お楽しみに。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おはようございます!
珍しくアイメイクした日に限って泣けるんですから~もうっ!
だんだんと広がっていく…いいですね~!
あの竜人の少年も無事で良かった!

何気に同情していた郵便配達の青年、やっとわかったみたいで(笑
続き、楽しみにしています~♪
らんらら URL 2008/07/31(Thu)08:45: 編集
はい~♪
アイメイク…すんません(^_^;)
不遇だった竜人の少年は船に乗って遠い国へ、ってのは御伽ばなしみたいで安直かな、と思ったんですが、どうしても子どもキャラには希望を残しておきたかったので。カニス失脚てのもあまりにベタですけどね。私なりのオトシマエです。

郵便配達くん、エレインに恋するなんて身の程知らずだって(笑)でもキャラ的に気に入ってたりしますので、ここで再登場させました♪

さて、ラストスパートがんばるぞー!
松果 URL 2008/07/31(Thu)13:37: 編集
深い愛だ~!!
もぉ~、松果さんのお話。
愛に満ち溢れていますよぉ~。

あたしはアイメイクをしてませんが(こんな時間なんで(笑))泣けた泣けた。
でも同時に、胸があったかくなった。

だって、オーリの姿。
エレインを想うその気持ちが、すごく深くて固くて…。
エレインが羨ましいぞっ!! (笑)

ゴシップ誌の記者までも動かしたエレインの語りもサイコー♪
ミナモ URL 2008/09/23(Tue)22:44: 編集
ど、どもっ!
アイメイクしてなくて良かった(?)
エレインの語りの部分、本来ならまるまる一章使いたいくらいなんですけどね。くどくなるので、そこいらは番外編に譲ります。
この話、オーリ頑張りすぎです。
魔法使いのくせに、不器用っちゃ不器用なんですよね。なにもここまでしんどい思いしなくても、もうちょっと賢いやり方もあったろうに。
でも25歳という青年らしい真っ直ぐさ、エレインへの想いの深さを表すには、このくらいの苦労は必要かな~と。(いや本当はね、もうちょっと苛めてやろうーとか意地悪おばさんになっていろいろ考えたんですが)
愛ですか。チックショー、わたしもエレインが羨ましいぞっ!


松果 2008/09/24(Wed)01:28: 編集
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
松果
HP:
性別:
女性
職業:
兼業主婦
趣味:
読書・ネット徘徊
自己紹介:
趣味で始めたはずの小説にはまってしまった物書き初心者。ちょいレトロなものが好き。ラノベほど軽くはなく、けれど小学生も楽しめる文章を、と心がけています。
バーコード
最新コメント
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 ミナモ]
[09/24 松果]
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]