忍者ブログ
1950年代の欧州風架空世界を舞台にしたファンタジー小説です。 ちょいレトロ風味の魔法譚。
[69]  [93]  [92]  [95]  [97]  [100]  [101]  [104]  [105]  [106]  [108
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「二人とも、帽子を被った方がいいわね。取ってきたげる」
 エレインは汗を浮かべた前髪を跳ね上げると、家の中に戻って行った。 
 八月も終わりとはいえ、日中はやはり暑い。アーニャは追いかけっこに飽きたのか、涼しい生垣の下にしゃがみこんで花びらを拾い始めた。
「あん、とぅー、ぴー、ぽぉー」
 数を数えているのか、それとも呪文のつもりなのか。小さい指が動く度に、花びらがひらひらと舞い上がる。
 さっきキャンディーを捕まえたことを思えば、花びらを舞わせることなど何の苦も無いのだろう。
 この子は家の中でこんな遊びをしても、叱られたことなんか無いんだろうな、そうぼんやり思いながら、ステファンも無意識に花びらを捕まえた。
「だぁーっめ! め!」
 急にアーニャが立ち上がり、ドン、とステファンを突いた。
「な、なんだよ」
「め! アーニャがするの!」
 口を尖らせて小さなこぶしを振ると、つむじ風のように花びらが舞う。
 ステファンは鼻の頭にシワを寄せた。――生意気なチビだ。さっきちょっとでも可愛いなんて思って損した。
「ステフ、ちょっと入って。オーリが呼んでる」
 エレインの声に救われた。あと五分、このチビ魔女の子守をさせられていたら、ほっぺたをつねるくらいはしていたかもしれない。

 ダイニングではオーリが落ち着き無く歩き回っていた。トーニャもユーリアンも、懸命に笑いをこらえているのがわかる。ステファンはこっそりとエレインに訊ねてみた。
「ね、先生どうかしちゃったの?」
「知らない。さっきからああなんだもん。熱いお茶でも飲みすぎたんじゃない?」
 エレインはさっぱりわからない、という顔で肩をすくめて、再び庭へ出た。
「あー、ステファン、待たせて悪い。さっさと本来の目的を果たすとしよう」
 咳払いして座るオーリの頬は少し赤いように見える。なるほどエレインの言うとおりかも、と思いながら、ステファンはテーブルに目を留めた。あの「忘却の辞書」が置かれている。
「保管庫の中で見たことを、わたしたちにも話してくれる? どんな小さなことでもいいから」
 トーニャの声は優しいが、目は油断なくステファンを観察している。
 こんな目で見られるのはあまりいい気分ではないし、正直言って、保管庫のことはあんまり思い出したくない。けれどオスカーの手掛かりを少しでも見つけるためだ。ステファンはとつとつと語り始めた――もちろん、ファントムの前で大泣きした事は抜きにして。
 
 ステファンが語り、オーリが話の合間に補足をする。トーニャは二人から目を離さないままでメモを取っている。手だけが別の生き物のように動くさまは、オーリが羽根ペンで絵を描く時と似ている。
「面白い?」
 ステファンが不思議そうに手元を見ているのに気付いたのか、トーニャはペンを止めて微笑んだ。
「トーニャは魔女出版の記者なんだ。ほら、いつかのトラフズクを覚えているだろう」
「今は“もと記者”よ。最近はデスクワークばかりで面白くなかったから、こういうのは楽しいわね。で、それから?」
「それから……いや、それで全部だ」
 きっぱり答えるオーリに、ステファンは心の中で感謝した。ステファンが勝手に保管庫の鍵を開けたことや泣いたこと、しばらく起き上がれなかったことには、少しも触れなかったからだ。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 
読んでいただいてありがとうございます。応援していただけると励みになります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回気を持たせるようなこと言っといて、中途半端に途切れてすみません。
ちょっと今週末~来週半ばまで忙しくなるもので、今書けてる話をコマギレにして、今回ちょこっと前振りだけup(ずるい?)
来週あたりまたコピペで更新します(汗)
しばらくお待ちを。
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なんか、
ステファンとオーリの関係が、すご~くいい感じになってきましたね♪
分かりあえ、信頼できる、深い関係になってきてるって感じましたぁ!

いやいや、実は私も今、ものすご~く忙しくなってきちゃいまして(汗)
お邪魔しつつも、コメントも残せず…ほんとすみません。
やっぱ、コメントは、しっかりと書きたいので遅れがちでも許してくださいませ。

ではでは、また来ます♪
ミナモ 2008/02/03(Sun)17:15: 編集
ミナモさんへ
いつもありがとうございます!
お互いこの時期は忙しいみたいね(*_*)
コメントなんていつでもいいですよ~
時間のあるときにゆっくりどうぞ。お茶でも飲みながら♪

オーリとステフはね、もはや信頼関係というか連帯感みたいなのが、がっちりできていますね。いいコンビです。今後のお話の展開に期待して~なんていっちゃっていいのかな(^^ゞ
松果 2008/02/04(Mon)10:14: 編集
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
松果
HP:
性別:
女性
職業:
兼業主婦
趣味:
読書・ネット徘徊
自己紹介:
趣味で始めたはずの小説にはまってしまった物書き初心者。ちょいレトロなものが好き。ラノベほど軽くはなく、けれど小学生も楽しめる文章を、と心がけています。
バーコード
最新コメント
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 ミナモ]
[09/24 松果]
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]