忍者ブログ
1950年代の欧州風架空世界を舞台にしたファンタジー小説です。 ちょいレトロ風味の魔法譚。
[35]  [118]  [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 七月の雨が降る田園の中に、オーリローリ・ガルバイヤンは降り立った。
 刈り入れの終わった大麦の畑に代わって、この季節を彩るのは果樹園の緑だ。青々と葉の茂る葡萄棚の向こうに、古びた黄色い壁の屋敷が見える。
「来たよ、オスカー」
 彼は呟き、瑞々しい草の香を胸に吸い込むと、雨の中を歩き出した。
 長身の背を包む季節はずれな黒いローブに、彼の長い銀白色の髪に、雨は降りかかる。が、少しも濡れている様子はない。

 その日、十歳のステファンは落ち着かない様子で家の中を行ったり来たりしていた。
 今日の午後、大事なお客が来る事は、母親のミレイユから聞かされていた。
 父オスカーの親友であり、画家でもあるという人物だ。
 母がこのお客をあまり歓迎していないであろうことにはうすうす感づいていた。それというのも、かの作家のもう一つの肩書きが「魔法使い」という、世間的にはあまり信用されていない類いのものだからだ。
 ステファン自身は、わくわくして仕方なかった。
 父の親友が「魔法使い」なんて! いったいどんな人だろう?
 目の前で、何か不思議な魔法を見せてくれるだろうか?
「あなたのためなんですからね、ステファン!」
 母は神経質な声をあげた。
「来年は上の学校に上がる年なのに、まったくおかしな癖を止めないから! おかげで魔法使いだなんて怪しげな人間をお客に招かなくちゃいけない。おお、いやだいやだ」 
 玄関先から小間使いが呼ぶ声がした。どうやらお客が到着したらしい。
 ステファンはキッチンに追いやられた。

「まあ、お待たせしてしまって」
 玄関に出迎えたミレイユは、驚いた様子を見せた。
「今お着きでしたの? 失礼しましたわ、車の音がちっともしなかったもので。雨の中、大変でしたでしょう?」
「こんにちは、ペリエリ夫人」
 長身の若い魔法使いは礼儀正しく会釈した。
「ちっとも大変じゃありませんよ。この田園風景を見ていたら、雨もまた楽し、です」
 小間使いがローブを受け取ろうとすると、彼はそれを制して、
「失礼。魔法使いのローブなど触るものではありませんよ。本来なら外さずに居るものですが」
 と、自らコート掛けに向かった。
 魔法使い、と聞いて小間使いは顔色を変えた。が、ミレイユは気にしない振りでわざとらしく咳払いをすると、客間に案内した。

 青いつる草模様のティーカップに自らお茶を注ぎながら、ミレイユは客人を注意深く見た。ゴブラン織りの椅子に深く腰掛け、壁の古い肖像画を見るともなしに見ている表情は、一見穏やかで人が良さそうに見える。
 だが魔法使いなんて輩は信用ならないと聞いている。いつ懐から杖を取り出して妙な術を仕掛けられるかわかったものではない。
 とりあえず無難な話題から始めた方が良さそうだ。
 
「ガルバ……ガルバイヤン先生はオスカーと、骨董コレクション関係でお付き合いいただいてましたわね?」
「そうです。発音しにくい名でしょう? オーリで結構ですよ。皆、そう呼びます」
「ではオーリ先生。お忙しいでしょうにこんな田舎にお呼び立てしてしまって」
「いえ、丁度仕事に区切りがついたところですから。その後オスカーからは、何か連絡でも?」
 カップを手にしながらオーリは尋ねた。
「ちっとも。まあオスカーの行方が分からなくなるのはいつものことですけれど、今回ばかりは弁護士も困っておりますし、どうしたものかと」
「わたしのほうにはこんな物が届いていますが……」
 オーリは半分焼けたような紙片をテーブルに置いた。
「何ですの? 古代文字か何か?」
 ミレイユは細い鼻骨の上で眼鏡をずり上げて紙片を見た。
 青いインクで書かれた、図形とも紋様ともつかない奇妙な文字列が紙の上に並んでいるが、途中で紙が焼けてしまったようだ。
「少し古いものですが、間違いなくオスカーの文字ですよ。あちこちを巡ってわたしの元へ届いたようです。何らかの原因で半分は焼けてしまって、差出人住所どころか消印すら確認できませんでした」
「またいつもの、オスカーの謎ときごっこですかしら。まったく!」
「わたしは職業柄、文字の解読くらいできますよ。お望みなら内容を……」
「いえ結構」
 ミレイユはぴしゃりと言った。
「オスカーの趣味に付き合うつもりはありませんし、興味もありませんわ。事情は知りませんけど、真面目に連絡をとりたいのなら、あたくしか弁護士宛にちゃんとした手紙をよこすなりできたはずです」
 オーリは落胆したようにため息をつき、
「もしかしたらこれが何かの手掛かりになれば、と思ったんですが……いえ、お気になさらずに」
 と紙片を内ポケットにしまった。
「そうだ、彼のコレクションは? どうなってます?」
 話題を変えるようにオーリは身を乗り出した。
「コレクション? ――ああ、あの何とか言う古い道具類ですわね。全然、手付かずで部屋に積み上げたままですわ。あれもどうにかしないと」
 コレクションといっても、彼女の夫の集める物は、怪しげな魔術道具やカビの生えそうな古書ばかりだ。
(それより先に話題にすべきことがあるだろうに、これだからコレクターは!) 
 ミレイユはじろりとオーリを睨んだ。
「もったい無いなぁ。どうです、わたしの保管庫をひとつお貸ししましょうか? なんなら彼が帰ってくるまでに分類くらいしておきますよ」
「それはご親切に」
 いんぎん無礼に答えながら、ミレイユの胸にふと疑念が湧いた。
「あのう、ちなみに。あれらにどんな価値がありますの? 例えば、ですけれど、売り払ったとしていかほどの……」
「二束三文ですね」
 オーリはにべもなく答えた。
「個人のコレクションなんてそんなものですよ。まして古魔術に関しては、真贋の見極めが難しいのでね、市場でもそんなに人気はありません」
「あら……そうでしたの」
 ミレイユはがっかりした表情を隠さなかった。

 オーリは苦笑しながら語りだした。
「まあ、この科学時代、魔法だの魔術だのいってもあまり存在価値はありません。
呪文なんて使わなくても、人は望むものをカネを使って手に入れ、列車や車を使って移動出来るでしょう。飛行手段さえ手に入れたのです、ホウキに乗れなくても。
いずれ遠くない未来、人間は月にさえ向かうでしょうし、やがては自らの発明で、新しいウィザードやウィッチと呼ばれる存在を作り出すのでしょうね……」
「画家さんの想像力にはついていけませんわね」
 ミレイユは話を遮った。ホラ話に付き合うつもりなど無かった。
 が、オーリは淡々と話を続けた。
「想像も夢想も仕事のタネですから。
魔法使いといってもひとつの技能職と思っていただいて結構です。昔はきちんと区別されていた魔法使いと魔術師の境界さえ今はあいまいでしょう? 剣と魔法の時代なんて遠い昔話、現在では一般の社会に溶け込んで仕事をしているのが普通です。
わたしなどはこうしてしがない絵描きをやって食いつないでいるのが現状ですよ」
「ご謙遜を」
 追従笑いを浮かべて、そろそろ本題に入らねば、とミレイユは思った。
「それでその、手紙は読んでいただけまして?」
「ああ、ご子息のことで相談があるとか?」
 オーリは姿勢を正し、にこやかに言った。
「なんなりと。他ならぬオスカーの家族の為ですからね、わたしにできることでしたら、伺いましょう」

 ミレイユはさっきから、さりげなく厳しい目でオーリを観察していた。
 仕立ての良いスーツ、良く手入れのできた靴を身につけた彼は、一見紳士然としているが、どこまで信用して良いものやら。
 目の色こそ水色だが、やや黄色みを帯びた肌色や淡白な顔立ちからすると東洋人との混血のようだ。ガルバイヤンなんてどうせペンネームだろうが、どこの国の出身だろう?。
 それに、白っぽい髪色や落ち着いた言葉遣いから最初は分からなかったが、こうして近くで見ると、まだ二十代半ばくらいの若造ではないか。なにが「なんなりと」だ。
 しかし、息子の「あの問題」に関しては、他に相談できそうな人間もいない。
 ミレイユは思い切って切り出した。
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ 
ランキング参加しています 。応援していただけると励みになります。

                                    
                                        → 次のページ


PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんにちは。
さきほど僕のブログに足跡を残して下さってありがとうございました。
英国と魔法がお好きと聞いて、さっそくお邪魔しました。
そしたらまぁ!!
よくぞこれほど僕好みの小説を書いておられるものだと、数奇な出会いを感じずには居られません。
付き合いが多く、仕事も忙しいので、ちびちびとになると思いますが、これから是非読み進めさせて頂きたいと思います。

リンク貼らせて頂いても宜しいでしょうか?
またお邪魔させて頂きます♪
URL 2007/12/04(Tue)17:27: 編集
楓さんへ
早速のコメントありがとうございます。
リンクの件、もちろん了解です。(感激です~)こちらからもリンクさせていただきます。御覧のとおり、過疎りまくりのブログですが、今後もよろしくお願いしますね。
松果 2007/12/04(Tue)18:57: 編集
ありがとうございます!
ご了承下さり感謝です♪
早速僕もリンク貼らせて頂きました。
僕はケータイ小説(野いちご)半分、ブログ半分な状態で執筆を続けています。
勝手が違うしあっちもこっちも更新で大変でして、更新スピードはそんなに早くないと思いますが、どうぞこれからもよろしくお願いします☆
URL 2007/12/04(Tue)21:43: 編集
無題
ケータイ小説、途中までですが読ませていただきました。確かに勝手が違いそうですね、一文の長さとか、改行とか…ケータイ小説は読むのは手軽なんですが、書き手の方は短文の中にメッセージを凝縮しなくちゃいけないので大変だと思います。
いろいろなジャンルに挑戦なさっているのですね、そのエネルギーにあやかるべく(笑)こちらからもちょくちょくお邪魔させてもらいますね。
松果 2007/12/05(Wed)16:45: 編集
無題
松果さん、おはようございます!
さっそくお邪魔しました♪

今はステファン1のみを読ませていただきましたが、とても情景描写が上手だなぁと、思いました!!

どっぷりと作品の中に引き込まれます。
続けて読みたいところですが、私も家事等ありまして(笑)後ほどまた、お邪魔いたします。

ミナモ 2007/12/06(Thu)06:39: 編集
ミナモさんへ
早速ありがとうございます。
情景描写…じつは苦心惨憺したところです。わたしは創作のとき、会話文はだ~っと浮かんでくるんですけど、地の文って本当に苦手なもので(汗)
情景が伝わってたら嬉しいです♪
松果 2007/12/06(Thu)16:04: 編集
はじめまして
ふらりと立ち寄らせていただきました。
ミナモさんのブログで「十代の子供の心理描写がお上手」と聞きつけまして。

冒頭からしっくりツボにはまる設定で、最近読みたいブログ小説が少ない中、嬉しい発見でした♪

しかも、楓さんも発見!!(びっくり~いろんなところに出没されてるな~^∀^)
また、遊びに来させていただきます♪
らんらら URL 2008/01/19(Sat)07:51: 編集
らんららさんへ
お立ち寄りありがとうございます\^o^/
いやー勢いだけで書いてますんで、突っ込みどころ満載で恥ずかしい限りです。
楓さんはホント、いろんなところで活躍されていますよね。
こうして同じ趣味の人の輪が広がるのは嬉しいですね。また来て下さい!
松果 2008/01/19(Sat)10:23: 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最古記事
ブログ内検索
プロフィール
HN:
松果
HP:
性別:
女性
職業:
兼業主婦
趣味:
読書・ネット徘徊
自己紹介:
趣味で始めたはずの小説にはまってしまった物書き初心者。ちょいレトロなものが好き。ラノベほど軽くはなく、けれど小学生も楽しめる文章を、と心がけています。
バーコード
最新コメント
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 松果]
[09/24 ミナモ]
[09/24 松果]
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]